決済用預金

説明:「失われた10年」が示すのは、国の経済、あるいはひとつの地域の経済がほぼ10年以上の長い期間にわたって不況そして停滞に直撃されていた10年のことをいう言い回しである。
【用語】ペイオフとは何か?突然の金融機関の経営の破綻をしたことに伴い、預金保険法に基づき保護されることとされている預金者(法人・団体も含む)の預金債権(預金保険法の用語)につき、預金保険機構が法に基づく給付として預金者に直接支払を行う制度です。
タンス預金の弱点⇒物価上昇(つまりインフレ)の局面では、物価が上がれば上がるほど現金はお金としての価値が下がるので、いますぐ暮らしに必要なとしていないお金だったら、安全、そして金利が付く商品で管理した方がよいだろう。
格付け(信用格付け)のよいところは、読む気もしなくなるような量の財務資料を理解することが無理でも格付けが公表されているため、金融機関の財務の状況や経営状態が判断できるという点にあり、ランキング表で2つ以上の金融機関を比較することまで可能となる。
MMF(マネー・マネジメント・ファンド)⇒公社債であったり短期金融資産で運用し利益を得る投資信託というものである。あまり知られていないが取得後30日未満に解約したい場合、その手数料には違約金分も必要となるという仕組み。
小惑星探査機「はやぶさが話題になった平成22年9月13日、日本振興銀行の経営が破綻した。このため、史上初のペイオフ預金保護)が発動した。これにより、3%(全預金者に対する割合)程度、それでも数千人が、上限額適用の対象になったと推測されている。
結論として、第二種金融商品取引業者(第一種業者も当然だが)がファンド(投資信託などの形態で、投資家から 委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品)を発売し、それを適正に運営するためには、恐ろしいほど多さの「やるべきこと」それと、「やってはいけないこと」が事細かに規定されていることを知っておきたい。
小惑星探査機「はやぶさが話題になった平成22年9月13日、日本振興銀行(現在の商号は日本振興清算株式会社)が経営破たんせざるを得なくなった。こうした事態に、金融史上初めてペイオフ預金保護)が発動したのである。このとき全預金者に対する3%程度、しかし数千人を超える預金者が、上限額の適用対象になったと思われる。
つまり「失われた10年」が指すのは、一つの国の経済や地域の経済活動が実に約10年以上の長きに及ぶ不況、停滞にぼろぼろにされた10年を表す語である。
1946年に設立された日本損害保険協会は、日本の損害保険業、そして協会員の健全な進歩と信頼性を向上させることを図り、これにより安心、なおかつ安全な世界を形成することに寄与することを協会の事業の目的としているのだ。
西暦1998年12月に、当時の総理府の内部部局ではなく外局として国務大臣を組織のトップである委員長にすることとした機関である金融再生委員会を設置し、のちに金融庁となる金融監督庁は2001年の中央省庁再編までの間、金融再生委員会の管轄下に2年余り据えられていた過去がある。
預金保険機構アメリカ合衆国連邦預金保険公社FDIC)をモデルに設立された認可法人)が一定額までの預金保護のために支払う補償額(ペイオフ解禁後)は"決済用預金を除いて預金者1人当たり1000万円以内(但し当座預金など決済用預金は全額)"この機構に対しては日本政府預金保険機構に対しては日本政府そして日銀、加えて民間金融機関全体が同じくらいの割合で
つまりデリバティブの内容⇒従来からのオーソドックスな金融取引に加えて実物商品さらに債権取引の相場変動で発生した危険性を退けるために販売された金融商品全体の名称であり、金融派生商品ともいわれる。
一般的に外貨MMF⇒日本国内でも売買可能な外貨建て商品の一つ。同じ外貨でも預金と比べると利回りがよく、為替の変動によって発生する利益が非課税であるというメリットがある。興味があれば証券会社で購入しよう。
いわゆるペイオフというのは、唐突な金融機関の倒産などに伴い、金融危機に対応するための法律、預金保険法により保護するべき個人や法人等の預金者の預金債権について、預金保険機構預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う事を言います。

広告を非表示にする